外国人のお客様が来て、日本語を話せなかった場合、どうやって対応する?

近年、外国人旅行者が東京にはとても増えていて、一日に一回は外国語を耳にします。最近多いのがヨーロッパ人と中国人です。私は販売系の仕事をしているので、たまに外国人のお客様が買い物をしに来ます。外国人と言っても、日本語を喋れる人、喋れなくても会話をあまりしなくても良い場合、英語を喋れる、または英語も日本語もわからず自国の言葉しか分からない、などと色々なシチュエーションがあります。私は日本語と英語のバイリンガルなので、外国人のお客様が来ても、ドキドキすることはなく、接客には自信があります。しかし、難しいところが、英語で話しかけて見ない限り、英語を喋れるか喋れないかは分かりません。ヨーロッパ人のお客様は、私の知らない言語で会話をしていても、英語で対応すれば、彼らも話してくれるので、とても助かります。しかし、中国人のお客様は、英語がほとんど分からず、日本語も伝わらないので、どうしても中国語で話してきます。もちろん、言葉が分からないので中国語で話してしまうのはしょうがない事です。そこで、私が思いついた接客の仕方は、説明の時に感じが書いてあればそこを指差しながら簡単な英語で話す。そして、もしも伝わらなければ、紙に漢字を書いて説明してみる、というアイディアです。今の所、その接客方法でなんとか満足してもらえています。中国語は、私たち日本人でも知っている共通漢字がある事がとても助かります。これからは、どこの国のお客様と接客するのか楽しみです。銀座カラー 予約方法

外国人のお客様が来て、日本語を話せなかった場合、どうやって対応する?